車のローン残債が払えない!

2

どうしても欲しくて憧れの車を買ったけど、無理して買ってしまったので、ローンが払えないくなってしまった…

残債が払えない……どうしよう。

という方も少なからずいると思います。

ですが、車を手放すにしてもローンを全て返済しないと手放すことすら出来ないんです。

売値がローン残債を上回ることが出来れば、問題なく売ることが出来ますがそう簡単にいくものでもありませんよね。

万が一、ローン残りに売値が届かなかった場合でも、次のローンに上乗せ出来るので、諦める必要はありません。
尚、残債処理やより車を高く売るための有益な情報は、インターネットの検索エンジンなどで、
車売る ローン
と入力して調べると為になる情報が幾つか見つかると思うので、お勧めします。

ダイナミックな走りを実現した「マツダビアンテ」

マツダのビアンテのグレードは
ノーマルタイプ、スカイアクティブ、グランツの3つがあります。
1
2
スカイアクティブは「スカイアクティブテクノロジー」搭載。
ダイナミックな走りを実現しドライバーのイメージ通りに
加速するパワーフィールとなっており
多くのユーザーから支持を得ています。

燃費性能は、ノーマルグレードでは、9.4km/L。
スカイアクティブでは14.8km/Lになります。
最近は燃費が良いミニバンも増えていますが
このマツダのビアンテはパワフルさも兼ね備えているのが魅力です。

特別仕様車では専用フロントバンパー・グリル
専用メッキトップバー&アッパーグリル
専用リアフィニッシャーモールなどが装備されており
とっても高級感のある仕上がりになっています。

スカイアクティブテクノロジーとは、パワフルなエンジンと
優れた燃費性能を両立させた技術で
このクラスではトップクラスの低燃費を実現しています。

人気の車におされぎみではありますが
その実力は本物です。

マイカーローンについて知っていますか?!

新車を買う時に現金で購入するか、ローンを組むかで悩むと思いますが
現金で支払っても十分な貯金が残るのであれば
現金で買った方が良いと思います。
2
理由は、その金利です。
車両価格が高くなるとローンの金利も相当なものになります。
総合的に見ると現金で買うよりも
かなり高くなってしまった、ということにもなりかねません。
1
ローンが残っている状態でさらに別の車に乗り換える場合もありますね。
そなってくるとさらに大変ですので
ローンを組む場合でも頭金を多めに入れて
無理せず支払っていける借入額にしておきましょう。

ローンを組む場合には、頭金を入れるか
全ての金額をローンにするかという2つの選択肢があります。

値引き交渉する際に、「現金で買うから値引きして!」
という事を言う人がいますが
実際には販売店側からすると現金で購入してもらうメリットは
とくにはないといえるでしょう。

逆にローンでは提携している信販会社から手数料がもらえる上に
確実にお金が回収できますのでローンを嫌がる販売店は少ないです。

高級車に長く乗る、という考え方

お子さんが独立した後、車の買い替えを検討する方も多いと思います。

ある程度家計に余裕が出てきた時には
夫婦で使う車として高級車も候補に入れてはいかがでしょう。

高級車は、もちろん購入時の車両価格は高いです。
しかしながらブランド品と同様に
高いが物持ちが良いのが高級車です。

20万キロや20年以上走っている車も少なくありません。
しっかりメンテナンスしていけば
老後は高級車1台でかなり長く乗っていけると思います。
12
また、高級車は新車で買わなければお買い得の時もあります。
高級車は年式が少し古くなると中古車価格が大きく下がりますので
数万キロ走っている中古車で買ったとしても
そこから10万キロ以上走れる、と考えればとてもお得です。

国産の高級車といえばトヨタ。
以前は、トヨタの高級車の代表格だったセルシオは
現在ではレクサスでLSシリーズとして売られています。

中古車のセルシオを買うことはできますが
新車で買う場合にはレクサスで買うことになります。

車のタイプ別「輸入車」のよいところ。

輸入車は、海外の自動車メーカーが作った車のことで
一般的には「外車」や「外国車」ともいいます。

一昔前までは、人々のイメージは
輸入車は国産車と比べ性能が悪くて
故障しやすく、修理にお金がかかる。などとして
初心者向きではないと考えられていました。

実は最近では輸入車の性能や耐久性も昔と比べてはるかに上がり
フォルクスワーゲンのゴルフやup!などは
国産車にひけをとらないくらいに燃費が良く
とても人気があります。
2
1
ゴルフは中古車市場でも大変人気があり
コンパクトカーの購入を検討している人では
トヨタ・ヴィッツやホンダ・フィット、日産・ノートなどと
比較してからゴルフを選ぶような人も増えています。

輸入車に抵抗がある人も多いと思いますが
最初の輸入車としてもゴルフはおすすめできる車です。

スポーツカー好きの憧れといえば、
フェラーリやポルシェだと思います。

フェラーリはF1でも代表される車で
スピード制限のある街乗りには向きませんが、
街を走っている時には思わず目を引く魅力があります。

車のタイプ別「セダン」のよいところ。

セダンは、最もベーシックな形をした車のタイプです。
1
「走行性能、車内空間、トランクルーム」などの
全体のバランスが取れた車だといえるでしょう。

ボンネット、車室、トランクがそれぞれ独立した
3ボックスタイプが現代でも主流となっています。

昔は格安大衆車の代表格だったトヨタ「カローラ」。
こちらは現在でもカローラアクシオとして名前が残っています。

いまでは昔とはかなりデザインが変わっていますが
今でもクラウンやマークXなどと共に人気の一台です。

セダンと言えばひと昔前では、
ファミリーカーや大衆車というイメージがありました。

現代では、若い人にはあまり好まれないようです。
セダンに乗る場合でも車両価格が高めの高級志向が強くなります。
2
レクサスや、トヨタのクラウンマジェスタ
日産シーマハイブリッドなど、高級感溢れるセダンもあります。

1990年代以降は、SUV、ワゴン、ミニバンのブームが来て
2000年代以降は、コンパクトカーとミニバンが人気になっています。

車のタイプは、流行りがあり現在はミニバンやコンパクトカーが人気ですが
車の王道といえば「セダン」と言えます。

いまではハイブリッドカーのセダンもありますので
高級感を楽しみたい人にはセダンも検討してみるといいかもしれません。

ユーティリティと高い安全性が魅力の「スぺイド」 

国産車の代表的なメーカーといえばトヨタ自動車。

今や国内第一位の企業というだけにとどまらずに
2012年には世界第一位の販売台数を誇る自動車メーカーとして
世界でも知らない人はいないであろうメーカーとして世界中から注目されています。

トヨタといえばプリウスやアクアが最近の注目を集めている車ですが
まだまだすばらしい車がトヨタからは出ています。

みなさんは「スぺイド」をご存知ですか?
2
1
ポルテの兄弟車として、登場した2BOXタイプのモデルで
コンパクトで手ごろなサイズが人気の理由です。

使いやすい助手席側スライドドアを備えるスぺイドは
です。

車内には豊富な収納が備わっていて便利です。
例えば、小さいお子さんの伸長を測ることのできる
目盛り付きのピラーなどもあり、遊び心も満点。

後部座席の座面を上げれば、自転車を横から積み込むことのできる
多彩なシートアレンジなども魅力のひとつです。

運転席側は前後にヒンジドア、助手席側はフロントから開く
大型の電動スライドドアになっており
使い勝手が良いとユーザーの満足度の高いのです。

VSC(横滑り防止装置)も全車標準装備となっており
ユーティリティと高い安全性を兼ね備えたモデルとして
トヨタ車の中でも大変人気のある一台なのです。

アドバンスドタフギアがコンセプト、日産「エクストレイル」

新型になってがらりとその容姿がかわった日産「エクストレイル」。
そのコンセプトは「アドバンスドタフギア」。
1
これまでの四角いフォルムを気に入っていたファンは
多いと思われるが、新しいフォルムもまた魅力的。

これだけ外観の雰囲気が大きく変わり
「車名をどうするのか」という議論もあったようです。
2
エクストレイルの名前を継承した理由は
見た目が大きく変わっても、クルマとしての本質の部分を従来モデルより
変わらずに引き継いでいるからだそうです。

シートのサイズはたっぷりとして座り心地がよく
前席より後席の座点を高めた「シアターレイアウト」になっており
見晴らしもよく感じます。

ラゲッジスペースは従来型のほうが広いようです。

何よりも重要な乗り心地がとても快適であることが
ユーザーの満足を獲得し続けている秘密でしょう。
同じ価格帯の競合車と比べてみても、
その乗り心地の快適さで一歩リードしていると感じられるくらいです。

足場の悪い道路でも
しなやかな足まわりによりキャビンに伝わる衝撃が小さいのです。

従来のファンはもとより、新しいファンの獲得も期待できそうな一台です。

新車購入時の値引きのコツ

12
新車購入をするときに、コツを知っていると
値引き交渉の時に役に立ちます

一人で商談するよりも、奥さんや家族などの第三者の存在をちらつかせると
値引き交渉を進めていく中で、有利にはなしがすすむ事があります。

たとえば、自分はこの条件で購入したいのだけど
妻がどうしても別の車が良いといっている
など言ってみると、営業マンは必死で値引に出てくる可能性が大きいです。

但し、第三者の存在は値引き交渉を前提として登場させるのですから
相手の営業マンに「値引きに頼ればなんとか決めてもらえる」と思わせなければいけません。

第3者の存在をアピールする作戦が有効ですが
それが実際の人物でも、架空の人物でもかまいません。

ただ、「財布をにぎっているのは嫁さんなので、嫁が値段に納得していない」などと言う言い方は
百戦錬磨の営業マンには通用しない事も多いようです。
仮に、作戦でなくても、もう聞きなれた台詞であると予想されます。

ほかにも、家族の内の誰かが社内がせまいから嫌だと言っている
などと言ってみるのもいいかもしれません。

安全装備も充実「フォードフィエスタ」の魅力

自動ブレーキや7エアバッグなど安全装備が
とても充実しているのが嬉しい新型「フォードフィエスタ」。

ホールド性の高いシートとペダル配置
ステアリングのチルト&テレスコ、シートリフターなど
ドライビングポジションの快適さには定評があります。
1
Bold, Exciting New-Generation Ford Fiesta Revealed at Auto China
ディメンションは全長3995×全幅1720×全高1475mm
人気車種ポロの全長3995×全幅1685×全高1475mmよりも
ややワイドになりますが、日本でも扱いやすいサイズになっています。

インテリアは造形的にも空間的にもスポーティで
前席から後席、荷室まで十分に広く、実用的です。

着座姿勢は低めで、サイドウインドウの絞り込みも強く
そのハンドリングの良さを体感できると思います。

日常的に楽しめるスポーティさが最大の魅力といえそうです。

一点気をつけたいのが、
液晶ディプレイは「グローバル・プロダクト」表示が英語のみです。

ダイナミックなフォルムと走りにユーザーからの満足度も高い一台で
中で運転しているときのサイズ感は5ナンバーの国産コンパクトカー並。
視界も良いし車両感覚も掴みやすい、良くできた車であるといえそうです。