アドバンスドタフギアがコンセプト、日産「エクストレイル」

新型になってがらりとその容姿がかわった日産「エクストレイル」。
そのコンセプトは「アドバンスドタフギア」。
1
これまでの四角いフォルムを気に入っていたファンは
多いと思われるが、新しいフォルムもまた魅力的。

これだけ外観の雰囲気が大きく変わり
「車名をどうするのか」という議論もあったようです。
2
エクストレイルの名前を継承した理由は
見た目が大きく変わっても、クルマとしての本質の部分を従来モデルより
変わらずに引き継いでいるからだそうです。

シートのサイズはたっぷりとして座り心地がよく
前席より後席の座点を高めた「シアターレイアウト」になっており
見晴らしもよく感じます。

ラゲッジスペースは従来型のほうが広いようです。

何よりも重要な乗り心地がとても快適であることが
ユーザーの満足を獲得し続けている秘密でしょう。
同じ価格帯の競合車と比べてみても、
その乗り心地の快適さで一歩リードしていると感じられるくらいです。

足場の悪い道路でも
しなやかな足まわりによりキャビンに伝わる衝撃が小さいのです。

従来のファンはもとより、新しいファンの獲得も期待できそうな一台です。

話題の電気自動車「日産リーフ」を徹底解剖

1
パワフルで滑らかな加速性能と静寂性を実現した
いま話題の電気自動車「日産リーフ」。

とても安定した走りに定評があり、
今までにない新しいドライビングフィールに
ユーザーから驚きの声があがっています。

今まで以上の安全対策もされているので
エコで安全な車をお探しの方には最適な一台です。

アクセルペダルを踏み込めば、即座にトルクを発揮し
その発進加速はまさに異次元の感覚です。

電気自動車なので、購入にあたっては
いろいろと心配な点もあるかと思います。

気になる充電場所ですが、心配無用のようです。

全国約800箇所の日産のお店に急速充電器を設置さえており
お客様のEVライフは快適になりそうですね。
2
国の補助金最大78万円をはじめとして
地方自治体の補助金やエコカー減税が適応されるので
長い目で見た時にも経済的にも嬉しい効果がありそうです。

エアコンよりヒーターのほうが電費に影響するようです。
また、急速充電だと80%までしか充電できないようです。

次世代カーの代表でもある「日産リーフ」。
とにかくその走りには注目したいところです。