アドバンスドタフギアがコンセプト、日産「エクストレイル」

新型になってがらりとその容姿がかわった日産「エクストレイル」。
そのコンセプトは「アドバンスドタフギア」。
1
これまでの四角いフォルムを気に入っていたファンは
多いと思われるが、新しいフォルムもまた魅力的。

これだけ外観の雰囲気が大きく変わり
「車名をどうするのか」という議論もあったようです。
2
エクストレイルの名前を継承した理由は
見た目が大きく変わっても、クルマとしての本質の部分を従来モデルより
変わらずに引き継いでいるからだそうです。

シートのサイズはたっぷりとして座り心地がよく
前席より後席の座点を高めた「シアターレイアウト」になっており
見晴らしもよく感じます。

ラゲッジスペースは従来型のほうが広いようです。

何よりも重要な乗り心地がとても快適であることが
ユーザーの満足を獲得し続けている秘密でしょう。
同じ価格帯の競合車と比べてみても、
その乗り心地の快適さで一歩リードしていると感じられるくらいです。

足場の悪い道路でも
しなやかな足まわりによりキャビンに伝わる衝撃が小さいのです。

従来のファンはもとより、新しいファンの獲得も期待できそうな一台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>