安全装備も充実「フォードフィエスタ」の魅力

自動ブレーキや7エアバッグなど安全装備が
とても充実しているのが嬉しい新型「フォードフィエスタ」。

ホールド性の高いシートとペダル配置
ステアリングのチルト&テレスコ、シートリフターなど
ドライビングポジションの快適さには定評があります。
1
Bold, Exciting New-Generation Ford Fiesta Revealed at Auto China
ディメンションは全長3995×全幅1720×全高1475mm
人気車種ポロの全長3995×全幅1685×全高1475mmよりも
ややワイドになりますが、日本でも扱いやすいサイズになっています。

インテリアは造形的にも空間的にもスポーティで
前席から後席、荷室まで十分に広く、実用的です。

着座姿勢は低めで、サイドウインドウの絞り込みも強く
そのハンドリングの良さを体感できると思います。

日常的に楽しめるスポーティさが最大の魅力といえそうです。

一点気をつけたいのが、
液晶ディプレイは「グローバル・プロダクト」表示が英語のみです。

ダイナミックなフォルムと走りにユーザーからの満足度も高い一台で
中で運転しているときのサイズ感は5ナンバーの国産コンパクトカー並。
視界も良いし車両感覚も掴みやすい、良くできた車であるといえそうです。

話題の電気自動車「日産リーフ」を徹底解剖

1
パワフルで滑らかな加速性能と静寂性を実現した
いま話題の電気自動車「日産リーフ」。

とても安定した走りに定評があり、
今までにない新しいドライビングフィールに
ユーザーから驚きの声があがっています。

今まで以上の安全対策もされているので
エコで安全な車をお探しの方には最適な一台です。

アクセルペダルを踏み込めば、即座にトルクを発揮し
その発進加速はまさに異次元の感覚です。

電気自動車なので、購入にあたっては
いろいろと心配な点もあるかと思います。

気になる充電場所ですが、心配無用のようです。

全国約800箇所の日産のお店に急速充電器を設置さえており
お客様のEVライフは快適になりそうですね。
2
国の補助金最大78万円をはじめとして
地方自治体の補助金やエコカー減税が適応されるので
長い目で見た時にも経済的にも嬉しい効果がありそうです。

エアコンよりヒーターのほうが電費に影響するようです。
また、急速充電だと80%までしか充電できないようです。

次世代カーの代表でもある「日産リーフ」。
とにかくその走りには注目したいところです。

後悔しない新車選びのポイントとは?   

新車購入の際には、しっかりした選択判断基準を持ちましょう!

それが無いと、商品の購入基準は価格と周りの評判だけになりがちです。
車に詳しい人に相談するなどして、本当に必要な車を選びたいですね。

カタログスペックの意味などもおおまかに理解しておきましょう。
お店での商談の時に、そういったことを理解できていないと
値引き交渉でうまくいくものも行かなくなります。
1
もし、あなたが車購入の予算をギリギリで組んでしますと
お店の営業マンから「本日限りの条件ですから今日中に決めてください!」
などと言われて、頭がまっしろになりかねません。

その為にも、予算の上限をある程度フレキシブルにしておきたいものです。

そうすれば予算に縛られ過ぎることなく
あなたのニーズを十分満たす新車選びがし易くなります。
2
例えば「諸経費込みで200万位のクルマを・・・」とのお考えなら
いざとなればあと30~40万程度は上乗せできるくらいの予算が理想です。

希望金額に振り回されすぎると、本当に良い車が見つからないかもしれません。
ワゴンRスティングレー 買取

シンプルな車が欲しい人は必見「三菱ミラージュ」

「低燃費」「低価格」「コンパクト」と3拍子揃った新型ミラージュ!
車として求められる機能を備えたとてもシンプルな車です。
1

視界もよく、ボンネットの両端が見やすいので、車両感覚もつかみやすい。
軽自動車を除くガソリン車のなかでも最良の燃費性能と
目立たない存在ではありますが、ユーザーからも好評です。

装備がシンプルな「E」グレードはなんと99万8000円。
100万円をきります。

「M」以上のグレードにして、気に入ったオプションをつけるのもありですね。

●排気量:999cc
●燃費:23.2Km/L~27.2km/L
2
ボディがとても軽くて、運転は軽快。
でもそれ故にカーブを曲がる時にクルマの傾きを抑えて
安定した姿勢をつくるスタビライザーが装着されていないので
速度が上がれば上がるほど、クルマは大きく傾くようです。

狭い道も苦にならず運転できると
免許を取ったばかりの初心者からお年寄り、運転が苦手な人などに
乗りやすい車としておすすめできそうです。

街乗りを主体としている車なので
ニーズに合っていれば最高の相棒になりそうですね。

購入前の試乗が大切なワケ。

新車を購入する際には、車種選びはもちろんですが
他にもいくつか押さえておきたいポイントがありますので
ぜひ覚えておきましょう!!

そのひとつとして、購入を検討している車は
必ず一度は試乗してみることをおすすめします。

車の情報誌や口コミなんかでも、詳しく乗り心地がどうであるか
ハンドリングはどうんな感じか、エンジンはこうだ。
等々、いろいろ書かれてあるのを読むことができます。

試乗をすることで、購入後の使用イメージが一層リアルになります。
1
2
特にインターネットに情報があふれている現代では
そういった情報には困らないかもしれませんね。

しかし、実際自分で乗ってみると、
意外と雑誌で書かれていることと、自分が感じることが違うことがあります。

乗り心地などの感覚的なことは人それぞれ感じ方が違います。

情報を先に読み過ぎてそれを鵜呑みにするのではなく、
実際に試乗してみて、自分の体でその車を感じるということは、
新車を選ぶ方ときに、もっとも大切なポイントのひとつです。

試乗の際は、不用意なトラブル(事故、キズなど)を避ける為
営業マンに同乗してもらいましょう!

ファミリーカーの候補としても!「ルノーカングー」の魅力!

日本車に無いおしゃれなスタイルの車をお探しなら
フランス車はいかがでしょうか?!

12
魅力はなんといってもその広々とした室内。
ファミリーカーとして選ばれることも多い
ルノーのカングーは、コンパクトでありながら
有効スペースも広大で、柔らかでありながら粘る足回りや
出来の良いシートなど伝統的なルノーらしい長所を持った一台です。

もともと商業車をベースとして開発された車で
遮音性や内装など、日本車のような一見豪華で
快適装備が充実している事を求めてしまうと、後悔するかもしれまsねん。

大きなトラブルはあまりないようですが、
例えば室内ランプが切れたとかいう類の
小さなトラブルは国産車に比べると多いようですので
そういった点も頭にいれておきたいですね。

購入のポイントは、
長く良く付き合える店を探すこと!!
購入後のメンテナンスが大切な輸入車では
良いお店で購入することが重要です。

付き合い次第は、大きな値引きも可能なようですので
まずは信頼できるディーラーを見つけて
購入前にしっかりおつきあいをしてみるといいですね。

対応に不満がある店では絶対に買わないようにしましょう。

新車選びの押さえて起きたいポイント!

1
新車選びをする際に、大切なのは自分のニーズを明確にする事!!
漠然と新しい車がほしいなぁというだけでは
購入した後に後悔してしまうかもしれません。

現所乗っている車の不満箇所はどこでしょうか?
燃費ですか?乗り心地ですか?

そして、新車に絶対欲しい要素は何かを一度考えてみましょう!

例えば、あなたの今使っているクルマは小回りがきかないので
毎日の車庫入れが大変!これも大きな新車選びのニーズになります。

デザインの良さや室内の広さについ魅せられて
「前方の見切りが悪い」「最小回転半径が長い」クルマを選んでしまうと
毎日の車庫入れは以前と同じように苦労することになります。

新車選びの大きなポイントは
まず「自分のニーズは何なのか?」をちゃんと知る事です。

実際にディーラーなどの店舗へ行くのは
購入したい車種をいくつかに絞り込んだ後にしましょう。
2
店舗に出向いた際に、どんな事を聞きたいのか、
何を確認したいのか、などの明確な目的意識をもっていきましょう。
営業マンのペースに惑わされず、自分の納得のいく手順で
候補を絞っていきたいものです。

女性に好評!乗りやすい小型輸入車「フィアットパンダ」

12
フィアットを代表する小型車「パンダ」
現在は、3世代目に当たるモデルが発売中です。

ハンドルは右ハンドルのみの設定で
日本人にも乗りやすい仕様となっています。

シンプルで親しみやすく洗練されたスタイル。
はじめての輸入車としても最適な一台かもしれません!

デザインもシンプルで
小回りが利くし、駐車もし易いので女性にとても好評です。

現行モデルのボディサイズは先代モデルよりも少し大きめ。
全長3,655×全幅1,645×全高1,550mm、ホイールベース2,300mm
それでもコンパクトなサイズですね。

スタート&ストップシステム、エコスイッチなど
最新の技術を多く採用していて優れた燃費とエミッション性能に
定評がある優秀なコンパクトカーです。

エクステリアに、シックスライトデザインを採用した
「笑顔を連想させるフロントデザイン」
というコンセプトがとてもいいですね。

セミオートマチックミッションになかなか慣れない
ライバルのフォルクスワーゲンUPと比べると
高速走行にはまったく向いてない
価格が高すぎる、などなど
ネックな部分はあるようですが
ユーザーからの評価もかなり高い車です。

ホンダの看板車種「フィット」の特別仕様車「クールエディション」

ホンダの看板車である「フィット」に
特別仕様車「クールエディション」が登場しました!
12

荷室がグッと広くなって重量増になったにもかかわらず
フィットハイブリッドと同じ10・15モード燃費!!

静かでしなやかな走りがユーザーにも好印象。
購入者の方々からも満足!!の声が多く聞かれます。

外装にスモーク仕上げのヘッドライトサブリフレクター
ダーククロームメッキを施したフロントグリルと
リアライセンスガーニッシュなどを装着。

ボディーカラーには「プレミアムブルームーン・パール」
「プレミアムゴールドパープル・パール」の2色を専用設定し
全7色のラインアップで、自分好みの一台を見つけられそうですね。

ブルーステッチ入りの本革巻きステアリング&セレクトレバー
ナビ装着用スペシャルパッケージを装着して
クールな世界観を内外装で表現しています。

特別仕様車はお買い得感があるので
ディーラー側も値引き額には渋くなる傾向にありますが
こちらの特別仕様車「クールエディション」
20万程度の値引きも可能なようです。

交渉次第ですので、オプションとの兼ね合いも考えつつ
上手に交渉を進めていきましょう!

世界から注目される「マツダアクセラハイブリッド」その理由は?!

12
あのプリウスを超えたかも?なんていう声も聞かれる程
現在世界から注目もあびている「マツダアクセラ」

それもそのはず、あのプリウスのサプライヤーから
部品を調達しているのがハイブリットモデルなんです。

新車選びの候補にぜひ入れておきたい車です。

マツダのラインアップのなかでベリーサ、デミオ
に次いで3番目に小さいのが「アクセラ」。
しかしながらその存在感は決して小さいクルマではありません!!

1.5リットルエンジンを搭載するモデルはグレードとしては上級のS。
車両本体価格は200万円を切る190万500円です。

長く乗れる車を探している方にも目にとまりそうですね。

実際に購入した方も絶賛の声が多い車です。

ハンドリングは素直でスポーティで乗り心地も抜群。

全体としてのまとまり感や200万円を切る価格は
その価格以上の品質があると車といえるでしょう。

本体価格の値引きは5万円程度が相場のようです。
ライバル車であるインプレッサを出して、値引きを交渉するのも手ですね。
オプションサービスを狙う方がいいかもしれません!